« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

釈迦

瀬戸内寂聴【釈迦】を読んだ。

ブッダの晩年の旅を従者アーナンダの視点から、昔を思い出す形で書かれた書物、

ブッダの一生をさらっと知るには良いかな。

入滅のあたりから、急に話が駆け足になって、あっという間にアーナンダが悟りを開いてしまって、阿羅漢になってしまうので、初めから原稿の枚数が決まってたのかな?って思った。

さらりと読めたので、入門編としては良いのかも・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

感興のことば

中村元先生の【ブッダの真理のことば・感興のことば】を読み終えた。

両方ともとても分かりやすい内容で、すっと頭に入ってきた。

感興のことばの最後の方には、【ブッダのことば】にもでてくる、

蛇が脱皮をするように、身の回りの諸々を捨てて歩めということばが

繰り返し出てきて、なんだか【ブッダのことば】も読めそうな気がしてきた。

いくつか、ブッダ関連の書籍を読んでから、【ブッダのことば】に挑戦してみようと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

the STANLEY CLARKE BAND featuring 上原ひろみ

グラミー賞を受賞したアルバムを聴いてみた。

【the STANLEY CLARKE BAND featuring 上原ひろみ】

かっこいいsign03

改めて、グラミー受賞おめでとうsign03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

計画停電時の照明

計画停電が始まった。

我が家で照明に準備したのは、以前に次男と作った信号機

これを高いところからぶら下げて、青LEDの3本並列点灯すると結構明るい。

使用電源は単3電池4本。

LEDなので消費電力も少ないし、何より単3のエネループを調達したので万全である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝 上原ひろみグラミー受賞

図書館で上原ひろみさんがグラミー賞を受賞したと知った。

JAZZに関してはakikoさんとか山中千尋さんなどばかり聴いているのだが、

グラミー受賞ということで、正統派JAZZを久々に聴いてみた。

【Duet】と【Place To Be】を借りてみた。

適当に選んだのだが、聴いてみると【Duet】はチック・コリアとのピアノデュエットで、

【Place To Be】は初のピアノソロとのこと。

演奏は迫力があってよかったのだが、現代音楽みたい。

グラミーを受賞したトリオでの作品を予約して、今度聴いてみることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真理のことば

一番最初は、手塚治虫先生の「ブッダ」を読んだのがきっかけで、仏教に興味を持ち始めた。

最近、復活してきて、立松和平さんの「ブッダ」「ブッダその人へ」などを読んでいた。

そこで出てきたのが中村元先生の書物。「ブッダのことば」を立松和平さんは手元に置いて旅をしていたようだ。

中村元先生の「ブッダのことば」にチャレンジしたが、なかなか難解。despair

ウィキペディアで、調べたら「ブッダのことば」はある程度悟りを開いた人向けとのこと。

「ブッダの真理のことば・感興のことば」の方がやさしいというわけで、読んでみた。

お寺でのお経はインドから漢字へ翻訳されたものが、日本に渡ってきたもので、漢字に翻訳する時点で少々意味が替わっているところもあるそう。

その点、木村元先生の書物は原典のパーリ語などを直接訳したもので、日本人には一番近いブッダのことば。

真理のことばを読み終えたが、なるほど納得。

実践できないことも多いけど、確かに幸せになる智慧が書かれている。

「感興のことば」も引き続き読んでいこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »