« セレナ す・612 | トップページ | 離れて暮らす親のもしもに備える本 クロスメディア・パブリッシング »

人生の科学「無意識」あなたの一生をきめる 早川書房

デイビィッド・ブルックス 著  夏目 大 訳

無意識が人生に与える影響である夫婦の人生をシミュレーションしてみる。

人間行動学+小説少々といった感じの本です。

アメリカで経済的余裕のある夫婦の間に生まれた夫と、混血でマイノリティーに属する妻の成功人生を無意識の文献や解説を加えながら一生を見ていくちょっと毛色の変わった内容です。

夫は人の感情を読み取る能力が高く、ギリシャ英雄伝を高校の先生から紹介されて、知識や意識を繰り返しや様々な視点から見るようになり、自分の脳内の無意識回路に焼き付ける方法を身につけ学習方法、自分の意見を持つ土台を作ります。

妻はマイノリティーの閉鎖的な社会で、親戚中から寄宿舎のある学校への進学を反対されます。白人社会への有色人種からの視点、マイノリティーの世界から白人社会への進出することへの無意識での反感に負けてしまいそうになりますが、唯一味方をしてくれた母の一言でエリートコースへ踏み出します。


寄宿舎生活での細かな決まりごとを守っていくうちに無意識にできるようになり、後に社会へ進出したときへの土台となります。



その後、お互いの欠点を補うパートナーと出会い、会社設立。倒産。転職しCEOまで出世。ホワイトハウスまで上り詰め、引退後の生きがいの発見、死の直前の感覚まで細かな出典を元に解説されています。



分厚い本ですが、自分の判断がどのような無意識の元に行われているか興味があると面白いです。

|

« セレナ す・612 | トップページ | 離れて暮らす親のもしもに備える本 クロスメディア・パブリッシング »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/506098/64019906

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の科学「無意識」あなたの一生をきめる 早川書房:

« セレナ す・612 | トップページ | 離れて暮らす親のもしもに備える本 クロスメディア・パブリッシング »